Buddycare バディケア

for my buddy

世界中の愛犬が、
1日でも長く健康に
生きられる社会を実現する

愛犬に1日でも長く健康に過ごしてもらうための、
「正しい生活習慣」とはなんでしょうか?
多くの飼い主さんの頭を悩ませるテーマです。
世に溢れる愛犬の生活習慣を改善するための
数々の健康ソリューションは、科学的な根拠に乏しく、
経験則、感覚、ウワサに基づいたものが
少なくありません。
愛犬が亡くなってしまう原因の80%が
生活習慣病に起因します。
人間では当たり前に行われているように、
愛犬の健康状態を正確に把握し、
科学的な根拠にもとづき、
適切な生活習慣の改善を行う。
そうすることで確実に愛犬の健康に
寄与することが出来るはずです。

そう考え、私たちは、愛犬の生活習慣に関する
データの収集・分析を行い、各愛犬のための
適切な生活習慣改善ソリューションを提供する会社、
Buddycare(バディケア)を設立しました。

BUDDY FOOD

世界中の愛犬が、
1日でも健康に長く生きる社会を
実現するために。
バディケアは愛犬の生活習慣を
改善するサービスに取り組んでいます。

バディフード
愛犬のためのカスタムフードサービス

従来のドッグフードは、「愛犬にとって」の幸せよりも「人間にとって」の便利さを追求したものです。長期保存のため水分を限界まで飛ばし、保存料を加え、加工により失った風味を香料で補い、また本来愛犬が食べないような材料を使うなど、安価に作る方法が模索され続けています。さらに、ドッグフードは、法律上は食品ではなく雑貨として扱われており、人間の食品と同レベルの情報公開や衛生基準は求められていません。 その結果、品質・安全性・透明性の観点で、明らかに我々人間の食品に劣っています。

大事な家族である愛犬に、「ほんとうに安心できるごはん」を食べさせてあげたい。 バディフードは、人間が食べるものと同じ原料を使用し、人間食と同じ安全・衛生基準のもと調理することにより、高い安心と安全性を確保。また、栄養学を専門とする獣医師監修のもと、最新の国際的栄養基準に従い、愛犬の健康維持に必要な栄養バランスを満たしています。さらに、食事に含まれる全ての原料仕入先・製造工程に関する情報を開示することにより、透明性を確保しました。

HEALTHCARE PLATFORM

愛犬の正しい健康状態を
把握するために

バディケアは、愛犬の健康管理プラットフォームの構築を目指します。

これまで、愛犬の生活習慣に関するデータの蓄積はほとんど行われてきていません。
また、愛犬に関する様々な情報が、バラバラに管理されてきました。

愛犬は自分では身体の不調を伝えることができず、また我慢強い生き物のため、不調を表に出さない傾向があります。
だからこそ、データを通じて、未然に愛犬の不調を把握する仕組みや、よりよい生活習慣に繋げていく仕組みが必要だと考えています。

バディケアは、今後開発する健康管理プラットフォームを通じて、愛犬の生活習慣の科学的分析を進め、より良い生活習慣を実現します。
愛犬の生涯の情報を記録するための母子手帳・記録帳として、Buddycareのプラットフォームが愛犬の健康状態をしっかり記録・管理。これまで見えにくかった愛犬の変化を見える化します。

Member

創業者のご紹介

Kazuhisa Harada, Co-Founder & CEO
代表取締役CEO
原田 和寿

総合商社で15年間の勤務を通じ、様々な業界での事業開発・事業投資に従事。丸紅の米国子会社でのCFOを経て、Buddycare設立。専門は、新規事業開発、戦略、ファイナンス。ペット業界では、ペットフード会社の買収・経営支援を経験。

九州大学大学院農学部
IE Business school, MBA

【バディーケア創業の想い】

愛犬との生活を始めた当初は、かわいいな・楽しいな、という単純な気持ちが大きかったのですが、7年間も一緒に生活した今は、完全に家族の一員です。当然、家族には1日でも長く、元気で過ごしてほしい。自分が何か動くことで、1日でも長く元気でいられるなら。これはもう、人生をかけて取り組みたいテーマだと感じ、Buddycareを創業しました。

何から取り組むべきか、業界のこれまでと現状を調べる中で感じたのは、特に生活習慣の領域の情報が散逸しており、何が正しいのか判断するのが難しいという事でした。獣医師さんと話をする中でも、イヌの飼い方は科学的なアプローチがなされておらず、まだまだ分からないことがたくさんある、と。

Buddycareが、徹底的に情報の透明性を高め、徹底的にエビデンスに拘ることを決めたのは、1つ1つの課題を、正しい情報に基づいて解決していきたいという想いからです。

Buddycareを通じ、1つでも多くの、正しいアプローチを見つけていきたいです。

Masashi Nagai, Co-Founder & COO
代表取締役COO
長井 聖司

キーエンス、レノバ、丸紅での19年間の勤務を通じ、世界各国・様々な業界での事業開発・投資に従事。丸紅の米国子会社マネージャー、米国スタートアップの事業開発統括を経て、Buddycare設立。専門は、営業・新規事業開発・事業投資。

慶應義塾大学環境情報学部
Columbia Business School, MBA

【バディーケア創業の想い】

飼い主として悔いを残したくない。そんな思いから、大人になって自分で犬を飼い始めたとき、新しい家族が1日でも長く幸せに生きられるように“正しく飼おう”と心に決めました。

しかし、子供のときから犬と共に暮らしてきたのに、いざ自分が飼い始めてみると“正しい飼い方”がわからないことに気づきました。世の中には、犬の飼い方に関する多量の情報が信頼性の有無に関わらず溢れています。そんな中で多くの飼い主が“正しい飼い方”を模索し、悩みながら愛犬と過ごしているのだと感じています。

自分の愛犬のために、“正しい飼い方”を科学的根拠に基づき明らかにしたい。それがきっかけでBuddycare創業に至りましたが、今は、Buddycareを通じて世界中の飼い主が持つ同じ悩みを解決し、全ての愛犬を幸せにしたい、という壮大な夢になりました。

人間と愛犬のための理想の世界を実現するために、Buddycareを通じて微力ながらも貢献できれば、と思っています。

COMPANY INFORMATION

事業内容
愛犬用ごはんBuddy FOODの開発・製造・ 販売 https://buddyfood.jp
健康管理プラットフォームの開発・運営 その他愛犬用健康ソリューションの開発・製造・販売
会社名
Buddycare株式会社 | バディケア
設立
2021年4月1日
本社所在地

本社

〒892-0821
鹿児島県鹿児島市名山町9-15
(鹿児島市が運営する産業創出拠点mark MEIZAN内)

東京オフィス

〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4F SHIP
(東京都品川区が運営する産業支援交流施設SHIP内)

主な金融機関
鹿児島銀行、日本政策金融公庫